Emerson solo

エマーソン北村 ディスコグラフィー


2014年7月16日
「遠近(おちこち)に」
CDアルバム
bubblingnotes KMCDA-006 遠近(おちこち)にジャケット

2015年11月11日
「遠近(おちこち)に」からの
シングル盤(3種)

「トロント・ロック c/w Toronto Dub」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-006(売切中)
「知らない家 c/w 下北六月」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-007(売切中)
「橋からの眺め c/w 新しい約束 (single version)」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-008(売切中)
7inchジャケット

2016年12月14日発売予定
「ロックンロールのはじまりは」
6曲入りアルバム+エッセイ
bubblingnotes KMCDA-007
はじまりはジャケット

これらの作品は全国のCD・レコード店でお求めいただける他、本サイト記載のメールアドレスからもご購入のお問い合わせが可能です。

また、bubblingnotes以外からリリースされた「遠近(おちこち)に」以前の作品についても追ってまとめてまいります。

bubblingnotesはエマーソン北村の個人レーベルです。

2017.04.01 Sat

「ロックンロールのはじまりは」から7インチアナログ盤をシングルカットします。

アルバム「ロックンロールのはじまりは」から、7インチアナログ盤を2017年4月末に発売します!
 
KMVLS009jacket
 
エマーソン北村
「スピニング・ホイール c/w リメンバー」
bubblingnotes KMVLS-009
定価 ¥1,200円(税別)
2017年4月末 発売予定
 
A面はBlood, Sweat & Tearsのブラスロック名曲をアレンジして有名なリフをリズムマシンTR-808の「コンガ」という音色で演奏させた、シャンガンエレクトロとパンクとイージーリスニングが混じったようなエマソロ史上最速BPM曲(あくまでエマソロの基準で)「スピニング・ホイール」。ライブで最も盛り上がり、DJからのアナログ化希望が最も高かった曲です。かたやB面はあえてドラムマシンを使っていない、シンセシーケンスだけによるトラックの「リメンバー」。Irving Berlinのスタンダードを伝統的なアナログシンセによる多重録音の手法でアレンジし、今はない神楽坂の「シアターイワト」でオルガンを録音した「ロックンロールのはじまりは」中の隠れた推し曲です。図らずも両面ともカヴァーになりましたが、アルバム収録曲の中で最も極端な方向性を持つ二曲を表裏にして、7インチで聴くという、エマーソン北村自身が最もやってみたかった形でのアナログリリースです!
 
ジャケットはなく、bubblingnotes共通のレーベルデザインのみというシンプルな仕様です。「リメンバー」は収録時間制限のためにアルバムの音源を短く編集したシングルエディットです(この、マスターファイルを切り貼りするという伝統的な手法も、大好きです)。
 
全国のアナログ盤を扱うお店でお求めいただけます。もしご購入方法が見つからなければ、このサイトのメールアイコンからメールにてお問い合わせ下さい。レーベルから直接の販売も行っておりますが、「レコード屋さん」を応援するため、可能なかぎりお店でのご購入をおススメしています。またお取り扱いを希望されるショップ様も、同様にお問い合わせください。流通方法をご紹介いたします。
 
発売は四月末を予定していますが、プレス業者さんからの納品状況によって多少遅れる可能性もありますので、申し訳ありませんがお知りおき下さい。
 
(2017年6月記)お待たせしました!発売が大変遅れましたがやっとプレスが届き、発売開始しました!全国のアナログを扱うレコ屋さんに置いてあります。8月現在、僅少ながら在庫もあります。お問い合わせはディストリビューションの(株)ウルトラ・ヴァイヴまたはこのサイトにあるアドレスからエマーソン北村まで、お気軽にどうぞ!