Emerson solo

エマーソン北村 ディスコグラフィー


2014年7月16日
「遠近(おちこち)に」
CDアルバム
bubblingnotes KMCDA-006 遠近(おちこち)にジャケット

2015年11月11日
「遠近(おちこち)に」からの
シングル盤(3種)

「トロント・ロック c/w Toronto Dub」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-006(売切中)
「知らない家 c/w 下北六月」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-007(売切中)
「橋からの眺め c/w 新しい約束 (single version)」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-008(売切中)
7inchジャケット

2016年12月14日発売予定
「ロックンロールのはじまりは」
6曲入りアルバム+エッセイ
bubblingnotes KMCDA-007
はじまりはジャケット

2017年6月1日
「スピニング・ホイール/リメンバー」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-009(売切中)
オレンジ7インチ

2017年8月2日
「窓から」「雨の坂の足許」
デジタル配信
エマ顔アイコン

2018年2月17日
「バンコクナイツトリビュート〜田舎はいいねEP」
12インチアナログ
EM records EM1173TEP
田舎はいいねジャケ

2018年7月25日
「窓から/雨の坂の足許」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-010
惣田さんのジャケ

これらの作品は全国のCD・レコード店でお求めいただける他、本サイト記載のメールアドレスからもご購入のお問い合わせが可能です。

また、bubblingnotes以外からリリースされた「遠近(おちこち)に」以前の作品についても追ってまとめてまいります。

bubblingnotesはエマーソン北村の個人レーベルです。

2018.07.20 Fri

音楽のまわり

寺尾紗穂さん編集のリトルプレス「音楽のまわり」に原稿を書かせていただきました。
執筆者はすべてミュージシャン、しかし音楽「以外」のテーマで、というシバリのもとに書かれた10編。小林エリカさんの挿画も素敵です。
 
北村は、自分がずっと気になっている「進化論」について、まとめきれないながらも、多分この機会を逃したら書く機会はないなと思って取り組みました。
進化論は、親子、「血統」、種といったことがらと関係あるだけに、本筋とは関係のないところで、誰かが「こうあるべき」「こうあって欲しい」と思ったことの影響にさらされてきました。優生思想、つまり人が生まれながらに違う価値を持つなどという考え方はその最たるものです。また逆に最近では DNA とその働きの解明が進んだために、進化論イコール DNA がすべて仕切っていること、というイメージもあります。そうした先入観にとらわれず、本当に科学的な考え方を踏まえることによって、シンプルなアイデアからどんなことが見えてくるのか、僕がこの分野の本を読んでみて「ちょっと寂しいけど、面白く、美しい」と思ったことについて書いてあります。自分が考えたことではなく自分が本を読んで「これは!」と思ったことなのですが、アイデアに対して勝手な思い込みをしないこと、また時間の流れということに重点を置く点は、自分の音楽に対する姿勢にも通じているかもしれません(あ、音楽の話になっちゃった)。
自分がこの原稿で多くの部分を負っている生物学者、リチャード・ドーキンスについては、70年代からの彼の著書がとても面白いので、寝る前にくり返し読んでいました。しかし最近のネット情報によると、僕がいいと思ったようなことだけを発言しているのではないそうで、議論も生んでいる方なのだそうです。僕がそのことを知ったのはこの原稿を仕上げてからだったので、何とも言えない思いをしていますが、もちろん書いたことの責任は自分にありますので、そのようなことも含めて読んでいただき、知っていただき、考えていただけたら幸いです。
 
この本の流通は、リトルプレスな流儀にしたがって行われています。でも少なくない本屋さんで扱われているので、寺尾紗穂さんのSNSなどで調べていただけたら!このホームページ記載のアドレスからお問い合わせいただいても結構です。エマソロのライブ物販でも在庫のあるうちは扱っています!
 
おんがくのまわり表一