Schedule

Emerson solo :Manuel Bienvenu Group

2024.02.21 Wed @各地
マニュエル・ビアンヴニュ リリースツアー 概要 (includes English text)

2024年2月、僕と関わりの深いアーティストの日本でのリリースとツアーをお手伝いすることになりました。
マニュエル・ビアンヴニュはパリを拠点にしながらフランスと日本を行き来するコンポーザー/アーティストです。2000年代初頭からフランスで音楽活動を始め、2004年には初めて日本に滞在して、TICAの石井マサユキを始めとする多くの人と音楽を作ってきました。以来、基本はポップなのだけどその中に自由な精神を織り込んだ良質な音楽を作り続けていて、僕はいつもイメージを喚起されています。
新しいアルバムのタイトルは oh do we といって2024年秋に世界リリースされますが、それに先立ってカセットとCDを、僕のレーベルbubblingnotesからリリースします。僕のレーベルでは唯一、自分がプロデュースに関わっていない作品です。そして今回、フランスからも2名のメンバーを招き、我々と合同のバンドでツアーを行います!フランスの新しいジャズシーンを代表するベースのテオ・ジラール、クラウトロックからの流れを組みながら本当にいい感じのドラムスを演奏するチエリ・ションプレと一緒の「マニュエル・ビアンヴニュ・グループ」は、とても良くなると思います。

パリでの来日メンバーによる動画をフィーチャーした、トレイラーはこちら
https://youtu.be/wJ2mS61T6OE
マニュエルの編集によるツアー詳細はこちらです!
http://t.ly/NGMbT
現在決まっているスケジュールは:
2024年2月21日(水)岡山 城下公会堂
2024年2月22日(木)神戸 塩屋 旧グッゲンハイム邸
2024年2月23日(金)京都 木屋町 UrBANGUILD
2024年2月25日(日)名古屋 ブラジルコーヒー(イベント出演)
2024年2月29日(木)東京 下北沢 440 (four forty) * リリースイベント
*2月28日(水)にも国立FUKUSUKEでイベントがあります。

Manuel Bienvenu Group :
(Manuel Bienvenu – lead vocal, keyboard, Théo Girard – double bass, Thierry Chompré – drums, 石井マサユキ – guitar, エマーソン北村 – keyboard)
東京下北沢のみ : with mmm (vocal) and 吉野智子 (vibraphone)

対バン・サポートアクト :
エマーソン北村(岡山)
エマーソン北村(ゲスト : 山本信記)(神戸 塩屋)
Thin Twins (Yuji Oniki + 石井マサユキ)、 山内弘太(京都)
ケバブジョンソン、THE PYRAMID(名古屋)
TICA(武田カオリ、石井マサユキ + 谷口直久Apf)、mmm with エマーソン北村(東京)


東京のリリースイベントでは mmm (vocal) と 吉野智子 (vibraphone) さんが加わる他、サポートアクトとして mmm with エマーソンと、マニュエルとは関わりの深い TICA が参加します!
予約は会場ごとのGoogle Formやお店のホームページで、2023年12月6日(水)から承ります。お早めにぜひどうぞ!
アルバムのアートワークなどはこれから続いて発表していきます。

パリでのライヴのフル動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=_Fj4jCIuNIY

よろしくお願いします!


Manuel Bienvenu “oh do we”
2024年2月29日(木)発売
(ツアー会場にて2月21日より先行発売)
フォーマット: カセットテープ及びCD
bubblingnotes BUMB-002K7(カセット)BUMB-002CD(CD)


プレスリリースのために僕が書いた紹介文です。

Manuel Bienvenu, Paris-based composer/artist who has been creating music both in France and Japan for years, will release his new album “oh do we” in 2024. Prior to its world wide release cassette tape and CD version of the album will be released in Japan from bubblingnotes, a label run by keyboadist Emerson Kitamura.
The release tour is scheduled in Feburary 2024 in several cities in Japan, with the members both from France and Japan including Théo Girard (bass), Thierry Chompré (drums), Ishii Masayuki (guitar) and Emerson Kitamura. In the event in Tokyo mmm (vocal) will join and TICA (Takeda Kaori, Ishii Masayuki) will perform as a support act, showing their long relationship with Manuel. Théo and Thierry has been active in Jazz or Krautrock-oriented scene for a long time and their first appearace in Japan will be very important to who are interested in actual music scene in Europe. The music of Manuel Bienvenu is based on the essence from 1970/80s to present, also he adds new rhythm and expression to it. His gracefulness and spirit of freedom will be fully apparent during this release tour.

*このプロジェクトは、アンスティチュ・フランセ日本の「日仏音楽コラボレーションのための助成プログラム」から援助を受けています。

* This project is supported by Institut Français Japon’s “French-Japanese Music Collaboration Grant Program”.

* Ce projet est soutenu par le « Soutien aux collaborations artistiques franco-japonaises dans les musiques actuelles » de l’Institut Français Japon.