Solo/Label

ソロ作品と、自主レーベル bubblingnotes の作品を紹介します


2014年7月16日
「遠近(おちこち)に」
CDアルバム
bubblingnotes KMCDA-006 遠近(おちこち)にジャケット

2015年11月11日
「遠近(おちこち)に」からの
シングル盤(3種)

「トロント・ロック c/w Toronto Dub」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-006(売切中)
「知らない家 c/w 下北六月」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-007(売切中)
「橋からの眺め c/w 新しい約束 (single version)」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-008(売切中)
7inchジャケット

2016年12月14日発売予定
「ロックンロールのはじまりは」
6曲入りアルバム+エッセイ
bubblingnotes KMCDA-007
はじまりはジャケット

2017年6月1日
「スピニング・ホイール/リメンバー」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-009(売切中)
オレンジ7インチ

2017年8月2日
「窓から」「雨の坂の足許」
デジタル配信
エマ顔アイコン

2018年2月17日
「バンコクナイツトリビュート〜田舎はいいねEP」
12インチアナログ
EM records EM1173TEP
田舎はいいねジャケ

2018年7月25日
「窓から/雨の坂の足許」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-010
惣田さんのジャケ

2019年11月27日
CHASING GIANTS
CDアルバム
bubblingnotes NA008
CHASING GIANTSジャケ

2020年01月29日
Manuel Bienvenu GLO
CDアルバム
bubblingnotes BUMB-001
GLOジャケ

2021年5月19日
CHASING GIANTS LP
12inchアナログLP
bubblingnotes NA-008V
CHASING GIANTS LPジャケ

これらの作品は全国のCD・レコード店でお求めいただける他、本サイト記載のメールアドレスからもご購入のお問い合わせが可能です。

また、bubblingnotes以外からリリースされた「遠近(おちこち)に」以前の作品についても追ってまとめてまいります。

bubblingnotesはエマーソン北村の個人レーベルです。

2021.04.30 Fri

CHASING GIANTS がヴァイナル化されました!

mmm with エマーソン北村
CHASING GIANTS (12inch album)

2021/05/19(水)発売
bubblingnotes NA-008V
¥3,600(税込 ¥3,960)
全国のレコード店および bubblingnotes web shop でお求めいただけます
English site (bandcamp)

収録曲(リンクは試聴mp3)
A1. introduction
A2. Chasing Giants
A3. 街のあいだ
A4. ぼくのともだち
A5. 見えないゴール
B1. 夏至
B2. Astronomer
B3. クローサー
B4. 宇宙人
B5. Moon River

mmm with エマーソン北村のファーストアルバムがヴァイナル盤で発売されます!
2019年のヨーロッパツアーに合わせて発売されたCDヴァージョンは直後に起こったCOVID禍の影響をもろに受けて、計画していた発売ツアーやイベントのほとんどがキャンセルされるという不運に見舞われました。それから一年半、万全の準備を整えて作られたヴァイナル盤はその間の様々な変化も反映した、今聴くのにふさわしい作品になりました!

あえて収録曲には変更を加えずプリマスタリングだけをエマーソン北村がやり直し、2019年当時の我々の「モヤモヤ」が生々しく伝わることを目指しました。また COVID のためディスクカッティング・マスタリングの場に立ち会えないことを逆手にとって、今までにないほど密なリモート打ち合わせをエンジニアさんと行いました。その結果レコードの音はCD ヴァージョンとは全く違う、アナログ盤の良さをフルに活かしたものになりました。我々が1970~80年代のレコードから感じるような深く記憶に刻まれる質感と、高い解像度による歌や演奏のニュアンス、それから、当時のインディー盤にあったような「やんちゃな」音作りも感じていただけるのではないかと思います。AB面が分かれたことによって、B面を占めるCD後半の曲が新たなストーリーを持ったことは、我々にとっても発見でした。

CDと同じ Maruhachi Kuido さんがデザインしたカヴァーには mmm とエマーソンが共に敬愛する19~20世紀の画家オディロン・ルドンの Cyclope から「巨人」が再び登場。30cm角の大画面から受ける印象は強烈です。ジャケット自体も「A式」と呼ばれる、厚紙の骨格に印刷された紙を巻きつける丁寧な方式で作られています。

アナログレコードは安い買い物ではなくなってしまいましたが、長く持って聴くことのできる作品になったと思います。COVID 禍の当初からヴァイナル化の計画はあったのですが、あえて時間をおいて準備したことで、作業自体がこの一年半に自分と周りに起こったことを振り返る体験となりました。そのことが、できあがった作品を2021年にふさわしいものにしていると思います。どうぞよろしくお願いします!それから、CD ヴァージョンもまだまだ発売中です。こちらはこちらで、2019年ヨーロッパツアーの直前にしか作れなかった雰囲気があふれています。両方聴いていただけたら最高です。(北村)

!2021.05.19 CHASING GIANTS 12inch 発売!

2018-2019年の東京で収集された音が、150年前にエジソンが発明した原理のまま2021年にビニール材質に落とし込まれて、この度それぞれの再生場所へと届けられます。わくわくしますね。レコードの外周の方が音が良いというのは定説ですが、私は内周の方にも味を感じます。空気を揺らして音が鳴るって凄いですよね。毎回びっくりして大好きです。
(mmm)

bubblingnotes web shop (BASE)
bubblingnotes はエマーソン北村の個人レーベルです。
https://emkitamura.thebase.in/

mmm website
https://mmm-memymoe.tumblr.com/

mmm with Emerson Kitamura bandcamp
https://emersonkitamura-mmm.bandcamp.com/

ディストリビューター JET SETのサイト
https://www.jetsetrecords.net/

エマーソン北村による全曲セルフレビュー(CD時のもの)
https://www.emersonkitamura.com/column/2020/06/922/

CDリリース時にはヨーロッパツアーのためにあまりお受けできなかった取材も、この機会に対応したいと思っています。それを含めてすべてのお問い合わせは、このサイトのヘッダにあるメールアイコンのアドレスまで、気軽にお寄せください!
https://www.emersonkitamura.com/

2021.04.23 Fri

Masami Takashima さんとのコラボ 7inch

四国をベースに活動するアーティスト、Masami Takashima さんとコラボして、両A面の7inchシングルを作りました!各人が片面ずつミックスまで責任もって作る形で、Takashima さんは自身の曲「夏の片隅で」を作り、僕は Takashima さんが歌う浅川マキさんの名曲「夜が明けたら」を、二人流にカヴァーしました!昨年の秋から完全にリモートで作りました。このやり方は意味があると思います。ぜひチェックしてください。

発売元=Takashima さんのレーベル Twin Ships の特設ページはこちら
https://twin-ships.com/collaboration/

トレイラー音源・動画はこちら
https://www.youtube.com/watch?v=Q4dJL-gQRy4

発売に向けて、Takashima さんとトーク動画を作りました!期間限定公開です。
https://www.youtube.com/watch?v=fWfdjDzXNvk

■ARTIST: Masami Takashima エマーソン北村
■TITLE: 夏の片隅で / 夜が明けたら
■FORMAT: 7インチアナログ盤   (数量限定発売)
※ジャケットは活版印刷を用いた仕様
■価格: ¥2000(税抜)
■発売日: 5月中旬 (2021年4月21日(水)より延期となりました) 詳細
■収録曲目 :
夏の片隅で (Produced by Masami Takashima)
夜が明けたら (Produced by エマーソン北村 )
■CATNO: TWRM-009
■LABEL: TWIN SHIPS RECORDS
■予約受付 : https://www.jetsetrecords.net/i/816005876139/

2021.03.01 Mon

公園ヒロッパ 告知動画の音楽を担当しました

佐賀・長崎で陶磁器「波佐見焼」を作っているマルヒロさんが新しくオープンさせる公園、ヒロッパの告知動画の音楽を担当しました!エマソロ宅録スタイルのオリジナル楽曲です!
ぜひ行ってみたい場所です!

動画を見ることができる、公園のサイトはこちら
https://hiroppa.hasamiyaki.jp/
youtube はこちら
https://www.youtube.com/channel/UCnw_hu8_mJE2mhM6F4tugwQ/feature
マルヒロさんのサイト
https://www.hasamiyaki.jp/

2020.08.06 Thu

Home Recordings 2020/03-

COVID-19によって多数のライブキャンセルがあった2020年の3月から5月にかけて、「準備運動的に」家で録音した曲のいくつかを bandcamp にあげています。曲は自分が長年聴いているスカやロックステディ、そして古いジャズの名曲たちです。

合わせて、bandcamp の手数料無料デイに賛同して録音したピアノソロもアップしてあります。たまたま訪れていた名古屋 TOKUZO さんで、お店のスタッフの協力を得て作りました。

共に、bandcamp のエマーソン北村ページからどうぞ!

https://emersonkitamura.bandcamp.com/

2020.04.28 Tue

CHASING GIANTS T-Shirt, Pen

CHASING GIANTS 関連グッズのご紹介です。

a. CHASING GIANTS 「巨人」T-shirt

ジャケットの巨人はフランスの画家ルドンの絵でしたが、このTシャツのイラストは「追いついてみたらこんなだった…」という感じ。

オーキッド(淡い紫)とチャコール(茶色がかったグレー)それぞれ別の巨人イラストです。

サイズは以下ですが、実際の大きさは通常の表示よりも1サイズちかく大きめに感じます(表示のS=実際のM、のような)。

(サイズ展開)ご注意: 今までのご購入ありがとうございます。おかげさまで2タイプ共に M 以上のサイズが売切れ、現在在庫があるのは下記のサイズのみです。ご注文の前に、最新の在庫状況をお確かめください。

オーキッド: XS/S

チャコール: XS/S

各色各サイズとも 定価 ¥3,000円+消費税

両色とも蓄光インクを使っており、明るいところから暗いところに入ると光ります!

通信販売も承ります!

発売からホームページ更新までにかなり間が空いてしまい、申し訳ありません。

b. mmm with エマーソン北村 名入りボールペン(Sorry SOLD OUT!)

BIC のボールペンです。申し訳ありませんが売り切れました。

2020.04.28 Tue

CHASING GIANTS bandcamp

mmm with エマーソン北村 CHASING GIANTS は各種ストリーミング配信の他、インディー音楽配信サイト bandcamp からも試聴・ご購入いただけます。

CHASING GIANTS 特設 bandcamp ページ

https://emersonkitamura-mmm.bandcamp.com/

こちらはエマソロの bandcamp ページです。

https://emersonkitamura.bandcamp.com/

mmm staff が特設ページへの QR コードをカードにしてくれました。

ヨーロッパでこれを配りまくりました。

2020.01.29 Wed

Manuel Bienvenu アルバム GLO 2020/1/29 発売!

僕の友人であり、独自の空気感を持ったすばらしい音楽を作るアーティスト、マニュエル・ビアンヴニュの新作を、僕のレーベル bubblingnotes からリリースします!

マニュエルは2000年代中頃から2013年頃まで幾度か日本に滞在し、何枚かのアルバムをリリースしています。ライブでは僕やTica の石井マサユキくんなどと数度のツアーを行いました。そのマニュエルが2019年後半から2020年1月まで、短期間ですが日本に再びやってきます!

フランスで録音されたアルバム「GLO」は生演奏とエレクトロニクスのアンサンブルが素晴らしい、彼の作品の中でも群を抜く出来だと思います。とにかく音がすごい!ぜひ聴いてみてください。1月には日本でのリリースツアーも行います!

以下、僕が書いたアルバム紹介です。

同時代的でありながらタイムレス。前衛性とポップさの絶妙なバランスに加えてヨーロッパの幅広い音楽要素も感じられるサウンド作りと、英語による印象的な歌詞とで映画のような展開を構築し、自身の低い声で歌うフランス人SSW/プロヂューサー、マニュエル・ビアンヴニュ。フランスと日本を行き来し、日本人アーティストとの親交も深い彼が6年ぶり4枚目となる新アルバムを携えて日本に戻って来た!フランスで録音された新アルバム「GLO」は、多用される80年代のシンセと驚異的なクオリティで録音された生楽器が有機的に絡みあう現代的なサウンドでありながら、一貫して変わらない彼の世界観も十分に味わえる作品。フランスではまずアナログ盤でリリースされるこのアルバムを、CDは日本が最初に、エマーソン北村のレーベルbubblingnotesがリリース。アナログ盤をリスケールしたジャケットや歌詞カードに加え、初回プレスはジャケットがホログラムとなったステッカーを封入!2020年1月には石井マサユキ・エマーソン北村とのトリオでリリースツアーを行なった後、東京ではゲストも迎えたリリースコンサートを行う。カンタベリー系のファンだけでなく、エレクトロニックと生楽器が融合した現代的なバンドサウンドに興味のある方は必聴!

Manuel Bienvenu URL

https://www.manuelbienvenu.com/

2019.11.27 Wed

mmm with エマーソン北村「CHASING GIANTS」リリース!

シンガー・ミュージシャンの mmm(ミーマイモー)とキーボード奏者エマーソン北村。活動歴もスタイルも異なる二人のミュージシャンが対等にアイデアを出し合い、「二人が聴いたことのない二人の音」を目指して活動してきた成果が、音源になりました。
2019年10月にドイツ・ケルンのフェスを始めとするヨーロッパ・イギリスツアーを行うにあたって配信される音源が、CD アルバムとして発売されます。
収録曲はほとんどがオリジナル。当初は2018年にライブ会場限定でリリースされたカセットテープに数曲を加えるだけの予定でしたが、レコーディング過程で多くの新曲が生まれ、このデュオユニットにふさわしい作品が生まれました。
一度聴いたら忘れられない mmm の声、英語・日本語両方によるイメージ豊かな歌詞とメロディー、通常の守備範囲を大きく超えて曲作りに関わり、トレードマークである独自のグルーヴを新しい風景の中で聴かせるエマーソンの演奏が、様々な音楽ジャンルの混在する曲から聴こえてきます。
基本は二人だけの演奏ですが、ゲストとしてドラマーの菅沼雄太、そしてホーンプレイヤーとして icchie が参加。ケルンの WEEK-END Fest 会場で使用される予定のオリジナルジングルも収録されています。
ヨーロッパ出発直前の 10/5(土)には下北沢 THREE で Phew, TAWINGS を迎えてイベントを行う他、帰国後の12月には西日本・関西でのリリースライブも予定されています。

エマ「ソロ」ではありませんが、エマソロのテイストを十分に発揮したヴォーカルアルバムとして聴いていただくため、自分のレーベル bubblingnotes から発売いたします。よろしくお願いします!

mmm with エマーソン北村
CHASING GIANTS

2019年11月27日(水)発売
bubblingnotes NA008 ¥2,000+税

全国のCDショップやレコード屋さんでお求めいただける他、エマーソンサイトからのご購入もお申し込みいただけます。サイト上部のアイコンにありますメールアドレスから、お問い合わせください!

2019.11.23 Sat

State Bicycle のヴィデオに「どこゆくの」

US の自転車メーカーState Bicycleのyoutubeヴィデオに僕の「どこゆくの」が使われています。毎回異なるゲストが自転車に乗りながらメーカーの人とユルい会話を進めてゆくというもの。今回フィーチャーされているのはHBOドラマHigh Maintenanceのクリエーターで主演も兼ねているBen Sinclair。実はこのドラマの1エピソードでも僕の「帰り道の本」が使われています。そのシーンも主人公がNYの街を自転車で走り回るというもので、このヴィデオとはなかなか面白い繋がりがあります。ただしHigh Maintenanceの方は日本では観られません。多くのHBOドラマが観られるのに。なのでまずはこのヴィデオでBen Sinclairの雰囲気を知ってもらうのも、いいかもしれません。

2019.04.26 Fri

米HBOのドラマに、エマーソン曲「帰り道の本」が使われました。

米国のドラマシリーズ「HIGH MAINTENANCE」の中で、僕の曲「帰り道の本」が使われました!このドラマはインディーなネットドラマからスタートし、「ゲーム・オブ・スローンズ」などをヒットさせている大手ドラマ局HBOに取り上げられ、現在は同局で制作されているものです。

「帰り道の本」の流れる回は season 3 の最終回、episode 9 とのこと。場面は、主人公がニューヨークの街を自転車で走り抜けるシーンということです。…「とのこと」が多いのは、実は北村自身、完成したドラマの映像を見ていないからです。HBOドラマの多くは日本のネット動画配信サービスで見ることができますが、この「HIGH MAINTENANCE」はなぜか、そのリストの中にないのです。予告編を見る限りではドラマとしてとても面白そうなので、自分の曲が使われているからだけではなく、次シーズンからは日本でも観れるようになることを期待したいです。もし観た方がいたら、情報ください!

それらしきシーンはあるのですが、トレイラーでは僕の曲は使われていません。