Releases

松竹谷清 "The Christmas Song 11/3/2018発売!"

2018.09.20 release / Recordings / 7inch アナログ盤

松竹谷清さんの、何と 22年ぶりとなる新録リリース!
 
既に10数年に渡って、ソロ、札幌のメンバーと北村からなる Chocolate Dandies、東京でのピアニカ前田や松永孝義を含んだ編成でのライブと、いろいろな形で活動を続けてきた清さんですが、やっと新録音源ができました。
曲はスタンダード The Christmas Song のレゲエカヴァー。リズムボックスと北村のシンベやキーボード、そして清さんの歌とギターという最小限の編成。しかしレコーディングとダブミックスに「ウッチー」内田直之を迎え、レコーディングもミックスもテープを使った完全アナログ録音をしました。音太いです!!
&nbsa;
今回、東洋化成さんの「レコードの日」に合わせたリリースとなります。
リリース後には札幌と東京でのリリパもあります!
 
詳細はこちらで。ぜひ!
https://レコードの日.jp/items/the-christmas-song
http://matsutakeya2.webcrow.jp/matsutakeyakiyoshi/matsutakeya_top.html

mmm trio "7/23/2017 (LIVE!)"

2018.08.14 release / Recordings / CD アルバム

mmm が10年来の活動をしているトリオも、音源を発売しました!2017年夏神保町試聴室におけるライブをCDアルバム化したものです。
mmm trio (b:千葉広樹 dr:下田温泉) に加え、柱谷氏と北村がゲスト参加。ミックス・マスタリングは宇波拓さん。
アルバムのコブラがかわいい。自分的には勝手に「コブラくん」というアルバムタイトルをつけています。
 
N/A Products NA010 (N/A Products は mmm の個人レーベル)
 

Asa-Chang エマーソン北村 "Debut"

2018.07.27 release / Recordings / CD アルバム

長いつきあい、しかし意外に共演は少なかった Asa-Chang とのデュオアルバムがリリースされました!
エマソロ流のスカスカなトラックにアサちゃんがタブラボンゴを叩いたりトランペットを吹いたり歌ったりするという、二人には自然ですが、ある意味では予想を裏切る音!
アルバム詳細こちらです。
http://www.airplanelabel.com/debut/
 
こちらにもインタビューがある他、「CDジャーナル」本誌でもとりあげていただいている模様です!
特に Mikiki や CDジャーナルのインタビューは、ナツメグいやそれ以前からの二人史にもなっていて、読む価値アリです!
http://mikiki.tokyo.jp/articles/-/18596
http://veemob.jp/2018/07/01/4548/
https://www.cdjournal.jp/cdjournal201808-09

higashida-wonderful_road

東田トモヒロ "Wonderful Road"

2018.07.18 release / Recordings / CD アルバム

東田トモヒロくんの新アルバム「Wonderful Road」に参加しました!「indigo blues」という曲でシンセやピアノを弾いています。年末にはライブもする予定!

mmm with エマーソン北村 "4曲入り ライブ限定カセット"

2018.07.05 release / Recordings / カセットテープ (No DL code)

mmm with エマーソンでツアーをするにあたり、ライブ会場限定のカセットを作りました。
しかしその内容は、すべて新録・うち3曲は共作の新曲という、かなりクオリティ高いものです。
mmm の作詞作曲に北村がリズムボックスと足鍵盤オルガンのバッキングをする「見えないゴール」
北村がふと出したリフを元に mmm がメロディを考え、歌詞には北村もアイデアを出している、他ではほとんどやったこのない形で生まれた、New Waveな「街のあいだ」
mmm + 北村の最初の共作曲である「新しい朝」
北村の新曲に、mmm が美しい歌詞をつけた「クローサー」
録音は北村による宅録・ミックスも北村です。
カセットは、本人達あるいはスタッフの手によって一本一本ダビングされたものです!ダビングに使われたデッキによって、また中にはカセットtoカセットでダビングされたものもあるので、それぞれ微妙に音が違っているのも魅力。
カセット本体にはダビング日を記した、これも手押しのハンコが押されています。カセットリリースの基本に忠実に作っています。
 
現状、ダウンロードコードもつけず、二人名義のライブまたは mmm のソロライブでしか販売しません。
しかし若干数、お店にあったり、他名義のライブでも販売する機会があるかもしれません。お問い合わせください。
 
2018年7月5日リリース
品番: N/A Products NA009 (N/A Products は mmm の個人レーベルです)
 
mmm+Emerson_2_front_sample1

NRQ "レトロニム 2018年5月16日 発売!!"

2018.04.26 release / Recordings / CD Album

前作に続き NRQ のアルバムに参加しました!
ゲストも多いですが曲もよく、気合いの入ったアルバムになってます!
 
バンドの情報こちら
http://nrq.jp/retronym

エマーソン北村 "バンコクナイツトリビュート「田舎はいいね」e.p 2018年2月17日リリース"

キセル "The Blue Hour"

2017.12.06 release / Recordings / CD

キセルの新アルバムに参加しました!
録音した時の手応えが今までとは違ったので「これはひょっとしたら…」と思っていたけど、やはり素晴らしいアルバムになりました!言葉がわかりやすくなった分不思議さが増していて、彼らが多分ここ数年やりたかったことが実を結んだ感じがします。彼らはカエターノ・ヴェローゾをはじめとする現代ブラジル音楽が好きで、あまり語られないですがそのへんのアイデアもたくさん詰まっています。「ブラジル音楽好き」というと演奏面から解釈する人が多いから、あまり語られないのだと思いますが、カエターノにしても、本当に面白いのは、ブラジルならではのリズムがバンド的に消化されているものですよね。そういう視点で、キセルとブラジル音楽の両方をきちんと評価できる人がいたら素晴らしいのだが、などと思ってしまいます。それを措いても、お勧めできるアルバムだと思います!
アートワークも美しい特設サイトこちら→http://kakubarhythm.com/special/thebluehour/
 
h1_visual

Conquer Rocks "大阪のロックステディバンド 初のフルアルバム!"

2017.11.15 release / 未分類 / CD

大阪のロックステディバンド Conquer Rocks が初のミニアルバムをリリースしました!僕のとても好きなバンドで、ベースのイトヤンとは浦ちゃんのバンドでも一緒です。
詳しくは彼らのホームページにコメントを寄せたのでぜひ読んで欲しいですが、スカ・ロッックステディバンドとしては珍しくオリジナル中心のインストバンド、しかもその曲が独特で今までのスカ・ロックステディのどれとも似ていないこと、そして「今の大阪」を感じさせるバンドらしい演奏、などなどが、僕のぜひ推したいポイントです。
12/25/2017 には浦朋恵、エマソロと共にバンドメンバーを交えたイベントもします!
 
Conquer Rocks 1st Mini Album (2017/11/15)
“HOP ON MELODIA”
TKNW-0001 ¥1,500 + tax
 
f0cbb9_7957eea963034ac69467927c3c0b676c~mv2

浦朋恵 "浦朋恵の新アルバム That Summer Feeling"

2017.11.02 release / Recordings / CD

浦ちゃんの新アルバム!ジャンルの境界線上ばかりを行くような、独特なエキゾチックミュージックを打ち立てた「ナツメヤシの指」に続いて、昨年いっぱいをかけて大変なプロダクションを一人で仕切って作った力作!
基本はバンドで作っていた前作に対してこのアルバムは、エレクトロなトラックメイカーとのコラボもフィーチャーした、前作よりもさらに振り切れた問題作!北村的には00年代に刺激的なトラックで印象強かったspeedmeterさんの参加がうれしい!とはいえ Fun Boy Five としてたくさんライブをしている我々メンバーもしっかり参加しているし、カーネーション直枝さんや関根真理さんらゲスト陣の豪華さも変わらず。始めて聴くとびっくりし、その後じっくり良さが伝わってくるアルバムだと思います。
 
pcd24672
セルフライナーノーツなど情報は→http://p-vine.jp/music/pcd-24672