Solo/Label

ソロ作品と、自主レーベル bubblingnotes の作品を紹介します


2014年7月16日
「遠近(おちこち)に」
CDアルバム
bubblingnotes KMCDA-006 遠近(おちこち)にジャケット

2015年11月11日
「遠近(おちこち)に」からの
シングル盤(3種)

「トロント・ロック c/w Toronto Dub」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-006(売切中)
「知らない家 c/w 下北六月」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-007(売切中)
「橋からの眺め c/w 新しい約束 (single version)」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-008(売切中)
7inchジャケット

2016年12月14日発売予定
「ロックンロールのはじまりは」
6曲入りアルバム+エッセイ
bubblingnotes KMCDA-007
はじまりはジャケット

2017年6月1日
「スピニング・ホイール/リメンバー」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-009(売切中)
オレンジ7インチ

2017年8月2日
「窓から」「雨の坂の足許」
デジタル配信
エマ顔アイコン

2018年2月17日
「バンコクナイツトリビュート〜田舎はいいねEP」
12インチアナログ
EM records EM1173TEP
田舎はいいねジャケ

2018年7月25日
「窓から/雨の坂の足許」
7inchアナログ
bubblingnotes KMVLS-010
惣田さんのジャケ

2019年11月27日
CHASING GIANTS
CDアルバム
bubblingnotes NA008
CHASING GIANTSジャケ

2020年01月29日
Manuel Bienvenu GLO
CDアルバム
bubblingnotes BUMB-001
GLOジャケ

2021年5月19日
CHASING GIANTS LP
12inchアナログLP
bubblingnotes NA-008V
CHASING GIANTS LPジャケ

2022年6月17日
船窓 / おろかな指
デジタル
bubblingnotes KMFS-011
CHASING GIANTS LPジャケ

これらの作品は全国のCD・レコード店でお求めいただける他、本サイト記載のメールアドレスからもご購入のお問い合わせが可能です。

また、bubblingnotes以外からリリースされた「遠近(おちこち)に」以前の作品についても追ってまとめてまいります。

bubblingnotesはエマーソン北村の個人レーベルです。

2024.05.02 Thu

マニュエル・ビアンヴニュ oh do we お取扱店リストなど

マニュエル・ビアンヴニュ oh do we に関するニュースです。

遅くなりましたが、お取り扱いくださっているショップのリストを作りました。(Sold Out) は当方で調べた結果に基づいています。まだまだ在庫しているショップさんがありますので、よろしくお願いします。

JET SET
waltz (Sold Out)
buttah(大阪・東心斎橋)
Naminohana Records(大阪・谷町六丁目)
orab record(岡山)
STEREO RECORDS(広島)
Test&Tiny(東京・世田谷)
森 -MORI-(今治)
RANA-MUSICA RECORD STORE (Sold Out)
TWIN SHIPS RECORDS こちらでは、ショップ内ショップ「around」で取り上げていただきました!https://twinships.base.shop/p/00001

それから、oh do we カセットのリリースに関連して、フランスのメーカー we are rewind による現行カセットテーププレイヤー、WE-001を若干数販売いたします。詳細はこちらです。まずはお問い合わせください。https://emkitamura.thebase.in/

2024年2月に行った日本ツアーに来てくださったみなさま、ありがとうございました!マニュエルは今、ツアーヴィデオを編集しています。みなさまが撮影された動画でフッテージとして使わせていただけるものがあれば、ご連絡ください。リンクはこちらのツアーオンラインフライヤにあります。
http://t.ly/NGMbT

2024.02.07 Wed

マニュエル・ビアンヴニュ Manuel Bienvenu – oh do we

フランスと日本をつないで活動するアーティスト・プロデューサー、マニュエル・ビアンヴニュ (Manuel Bienvenu) の新アルバムを、カセットとCDで日本のみの先行発売をします。
僕の個人レーベル bubblingnotes からのリリースとしては唯一自分のプロデュース作ではありませんが、5年ぶりとなる日本滞在中に音源を届けたいという彼の意向を実現するために製作しました。
ヴァイナルとデジタルによるリリースはフランスのレーベルから今年の秋以降に行われる予定で、今回は日本のみの先行リリースという形になります。

アーティスト:マニュエル・ビアンヴニュ (Manuel Bienvenu)
タイトル:oh do we
種類:アルバム
フォーマット:カセットテープ及びCD
2024年2月29日発売
レーベル : bubblingnotes
品番 : BUMB-002K7(カセット)BUMB-002CD(CD)
定価:カセット・CD共に 税込 ¥2,800円(¥2,546円+消費税)
ディストリビューション : info@emersonkitamura.com

Artist : Manuel Bienvenu
Title : oh do we
Type : Album
Format : Cassette Tape and CD
Release Date : 29 Feb 2024
Label : bubblingnotes
Catalog Number : BUMB-002K7 (cassette) BUMB-002CD (CD)
Price (Cassette/CD) : ¥2,800 yen incl.tax (¥2,546 yen + tax)
Distribution : info@emersonkitamura.com

ピアノを中心とする生楽器に電子音が交錯する不思議でポップなサウンドと、あえてフランス語ではなく英語で(今回は日本語詩もあります!)歌われる言葉のリズムは、他にない独特なものです。ロバート・ワイアットをはじめとするヨーロッパのジャズロックの系譜にいながら、ECMからニューウエーヴまで1970~80年代の英語圏音楽に精通するマニュエルの、自由で見晴らしの良い音楽をお楽しみ下さい。

カセットのクオリティにもこだわり、製作会社さんに残っていたヴィンテージ感のある本体を使わせてもらい、ダビングの音質にも注意しました。

発売日時点でお取り扱いのあるショップさまはこちらです。

JET SET(東京下北沢)
buttah(大阪東心斎橋)
test & tiny (東京世田谷)
waltz(東京中目黒)
orab record(岡山)
naminohana records(大阪谷町六丁目)

お取り扱いは随時募集していますので、興味のあるショップさまはぜひご連絡ください!
僕のウェブショップ(BASE)でも販売しています。

エマーソン北村 – bubblingnotes web shop https://emkitamura.thebase.in/


2月にはフランスからティエリ・ションプレ(ドラムス)とテオ・ジラール(アップライトベース)を招いて日本ツアーも行います。“schedule”覧 もあわせてチェックしてください。

カセット・CD、ライヴとも、貴重な機会になると思います。ぜひよろしくお願いします!

2023.10.03 Tue

COVERS 2003 お取り扱い店リスト

COVERS 2003を取り扱ってくださっているレコード店・書店・各種ショップさんのリストです。
リストは当方が把握している情報に基づいています。表記に誤りがあったり「ウチでも扱っているのに載ってないよ!」などの情報があれば、いただけたら幸いです。(順不同)

更新情報 (12/09/2023) PAR STORE さん(台北)でも取り扱ってくれています!
https://www.instagram.com/p/C0d4x2mvxh3/?utm_source=ig_web_copy_link&igshid=ODhhZWM5NmIwOQ==

buttah(大阪・東心斎橋)
PEOPLE BOOKSTORE(つくば)
Piquant(横浜・港北区)
さざなみハウス(岡山県瀬戸内市)
Hi-Fi Record Store(東京・渋谷)
Test&Tiny(東京・世田谷)
城下公会堂(岡山)
古書ほうろう(東京・台東区)
Naminohana Records(大阪・谷町六丁目)
路上の視野(東京)
mychairbooks(熊本)
orab record(岡山)
borzoi record(鳥取)
森 -MORI-(今治)
STEREO RECORDS(広島)
大平(BIGFLAT)(山梨)
食堂 湯湯(鹿児島)
hanauta(秋田)
omiyage(東京・代田橋)
A-Musik (Köln)
PAR STORE(台北)

JET SET(東京・下北沢、京都・河原町、オンライン)
Banguard
CORNERSHOP
HMV Record Shop(吉祥寺、渋谷、新宿、HMVオンライン)
newtone records
ranamusica
SOUND CHANNEL
エブリデイ・レコード
タワーレコード(オンライン、なんばパークス店、横浜ビブレ店、札幌パルコ店、渋谷店、新宿店、仙台パルコ店、梅田NU茶屋町店、福岡パルコ店、名古屋パルコ店、名古屋近鉄パッセ店)
ペット・サウンズ・レコード店
レコードヤ
ディスクユニオン
ジャジースポート
ダブストア
pianola records(東京・下北沢)

2023.08.01 Tue

Release Information: Emerson Kitamura COVERS 2003

Emerson Kitamura COVERS 2003

out on Wednesday October 11, 2023

bubblingnotes KMVLE-012
physical: 12″ vinyl EP
digital: bandcamp and streaming

This EP contains six tracks which were previously released as three 7 inch singles in 2003 and not have been available for almost two decades. Emerson Kitamura played his favorite songs from different periods in time and places with his organ equipped with bass pedals, only accompanied by the legendary drum box TR-808. The musical style that makes him unique has been already apparent in these tracks, which would later build up his solo works known as “Emer-Solo”. Despite the fact that this EP doesn’t contain original songs it is such an important work which you can find his musical essence through it.

tracklist

A1 (1) Moonglow (Hudson-DeLange-Mills) 3:49
A2 (2) Green Dolphin Street (Kaper-Washington) 4:07
A3 (3) Ram Jam (Mittoo, Dodd) 3:26
B1 (4) You’ll Never Find (Gamble, Huff) 3:33
B2 (5) Polka Dots and Moonbeams (Van Heusen-Burke) 3:08
B3 (6) Who Done It (Mittoo, Dodd) 3:19

Emerson Kitamura: organ, TR-808, recording and mix

Special thanks to Small Circle of Friends and Hachisuka Toshihiro for the original release in 2003
Re-release producer: Emerson Kitamura
Disc Mastering: Toutoku Naru (Toyokasei)
Artwork: Takamiya Kitetsu (67531graphics)
Photo: Emerson Kitamura


Free listening for 60 seconds per track
https://emersonkitamura.bandcamp.com/album/covers-2003-sixty-seconds-promo

COVERS 2003 digital cover
digital cover
vinyl label

2023.08.01 Tue

リリースのお知らせ:エマーソン北村 COVERS 2003

僕、エマーソン北村は COVERS 2003 と題した EP を2023年10月11日(水)にリリースします。

ヴァイナルとデジタルの同時リリースです。

ヴァイナルは全国のレコード店でお求めいただけます。
お取り扱い店リスト
https://www.emersonkitamura.com/solo/2023/10/807/

デジタルはこちらから、ご自分の使っているプラットフォームで聴いていただけます。
Linkfire
https://ultravybe.lnk.to/covers2003

bandcampではストリーミング、ダウンロードができる他、ヴァイナルも販売しています。
https://emersonkitamura.bandcamp.com/album/covers-2003

エマーソン北村のウエブショップ (BASE) でも販売いたします。
https://emkitamura.thebase.in/

COVERS 2003 digital cover
カヴァー/デジタル

エマーソン北村 COVERS 2003
2023年10月11日(水)12 インチヴァイナル/デジタル 同日リリース
bubblingnotes KMVLE-012
12 インチヴァイナル:税込定価 ¥3,080(税抜 ¥2,800)全国のレコード店でお求めいただけます
デジタル:bandcamp 及び各ストリーミングプラットフォームで配信

A1 (1) Moonglow (Hudson-DeLange-Mills) 3:49
A2 (2) Green Dolphin Street (Kaper-Washington) 4:07
A3 (3) Ram Jam (Mittoo, Dodd) 3:26
B1 (4) You’ll Never Find (Gamble, Huff) 3:33
B2 (5) Polka Dots and Moonbeams (Van Heusen-Burke) 3:08
B3 (6) Who Done It (Mittoo, Dodd) 3:19
*B3 (6) の曲名は、オリジナルリリース時に別名だったものを、今回新たに調査して修正しました。

Emerson Kitamura: organ, TR-808, recording and mix
Special thanks to Small Circle of Friends and Hachisuka Toshihiro for the original release in 2003
Re-release producer: Emerson Kitamura
Disc Mastering: Toutoku Naru (Toyokasei)
Artwork: Takamiya Kitetsu (67531graphics)

* * *

これは 2003 年に 3 枚の 7 インチシングルとしてリリースされた音源を改めてまとめたもので、全曲がカヴァーです。北村が敬愛するジャズやソウル、ロックステデイの名曲を足鍵盤付きのオルガンと TR-808 で演奏し、ダビングなしの「ライブ」で録音されました。ひとつのパターンを繰り返すドラムボックス、さまざまな音楽要素を少ない手数に凝縮したオルガン、自身のミックスによるシンプルだがどこか定形を逸脱したサウンドなど、後に「エマソロ」と呼ばれることになる彼のスタイルはこの時すでに生まれており、カヴァー集でありながら、あるいはだからこそ、その「原点」を強く感じさせる作品になっています。
オリジナルの 7 インチは今も各方面で活躍するアーティストデュオ Small Circle of Friends のレーベル basque からリリースされましたが長らく廃盤となっており、DJ をはじめ多くの方から再発を望む声が高まっていました。今回のリリースではエマーソン北村自身が撮った写真をアートワークに使い、フィジカルは 12 インチ 45 回転ヴァイナル、デジタルは bandcamp と各ストリーミングプラットフォームで、同じ日に発売・配信開始します。リリース元はエマーソン北村の個人レーベル bubblingnotes です。

12インチレコード/レーベル面

この EP を作ろうと思った理由はシンプルでした。この数年に参加したイベントで、DJ がオリジナルの 7 インチをかけているのに遭遇する機会が何度かありました。二十年も前の音源をかけてくれているのが嬉しいのと同時に、発売時には子供だったと思われる若い方々がどうやって 7 インチ盤を入手したのか、その様子を想像しました。別の友達にはこの 7 インチを定価とはかけ離れた値段で買っている人もいました。僕自身はレコードを買う時、「レア盤」とか「貴重盤」にはまったく見向きもしない人なので、もしこの音源に今も聴いてもらえる意味があるのなら、それをもっと手に入りやすい状態にする作業は、自分がやるしかないと思ったわけです。
幸い、7 インチをリリースしたレーベルを運営している Small Circle of Friends のお二人と当時のスタッフの方は、再リリースの申し出を快く認めてくれました。当時一緒に Holiday というイベントもやった「スモサ」のお二人は今も素晴らしい音源をリリースし続けているので、彼らの活動もぜひチェックしてください。
音源は、僕が当時ミックスしたままのマスターに何の変更も加えず、カッティング・プレスの東洋化成さんに渡しました。mmm with エマーソン CHASING GIANTS でも素晴らしい仕事をしてくれた同社の藤得さんと丁寧にやりとりをして、「現場」でも家でも聴ける音をイメージしてディスクマスタリングしていただきました。
オリジナルの 7 インチは、紙袋とレーベル面の両方にまたがってイラストの「ハンコ」が押される、という素晴らしいアイデアのアートワークだったのですが、12 インチのジャケットでそれを再現するのは難しかったので、新たに Reggae Disco Rockers でのつながりもある 67531graphics の高宮紀徹さんにデザインをお願いしました。
僕は最近(というかずっと)、街を歩く時に写真を撮っています。いい感じの風景でも、面白いことでもなく、ただ「あ」と思った時にシャッターを切るだけです。結果的に、なぜか人が一人も入らない、ごく普通の景色が撮れているだけなんですが、これがやめられません。そんな写真の一枚を高宮さんと選んで加工してもらったものを、(今回は「現場仕様」の EP なので外側のジャケットは穴アキの白いものです)唯一のアートワークであるレーベル面に使いました。

この再リリースは二年前にはアイデアがあったのですが、その直後に僕が COVID になり、その後もいろいろあって、今年(2023)の春からやっと企画を動かすことができました。そんなわけでこのところ毎日のように自分の二十年前の音源と向き合っているのですが、正直、そんな昔の音源だという感じがまったくしません……考えてみると、オリジナル曲というものはその時々の体と心の状態や、自分を取り囲む状況に大きく影響されるものだし、またその影響が表れなければ意味のないものです。それに比べてカヴァーは、「自分が作った曲」という意識を持たずに済む分、音楽そのもののある意味「本質」に近い部分に集中して作れるのかもしれません。もともと僕はアレンジに「新しさ」を求めない人なので(新しさが最高の価値だった90年代からそう遠くない録音なのに笑)、自分が音楽作りにおいて意識せずに位置づけていることとか、演奏の瞬間に感じている時間の意識などが、めちゃ如実に表れている音源だと思います。その意味でこのカヴァー集はエマソロの「原点」のひとつと言っていい作品だと思います。

もっと詳しいお話や楽曲・演奏のコメントは、この後もこのウエブサイトや SNS で行いますので、リリースに向けて、ぜひチェックしてください!

bandcamp には COVERS 2003 の全曲を60秒間無料で試聴していただける音源があります!
https://emersonkitamura.bandcamp.com/album/covers-2003-sixty-seconds-promo

エマーソン北村 COVERS 2003 リリースインフォメーション(PDF)

2023.01.09 Mon

Emerson Kitamura Live – Dub mixed by Uchida “uthci” NaoyukiLive

昨年秋、渋谷WWWで行われたCompumaさんリリースパーティで、エマソロの演奏を内田”ウッチー”直之さんがダブミックスしてくれた音源です。ライブ後に録音を聴かせてもらったところ、自分で言うのもなんですが演奏・ミックス・録音、共に「これぞライブダブ」と呼べる内容になっているのではと思い、切り出して youtube と bandcamp にアップしました。
リハーサル音源だけ渡して事前の打ち合わせは一切なし、チャンネルは左手/右手/サンプラーという3つだけ。事後のミックスはなく、サンプラーのドラム以外はすべて生演奏+ライブミックスです。

僕は電子楽器を使いながらもそれを生楽器のように弾く、というタイプの演奏家なので、ライブ録音とスタジオ録音を音源だけで区別するのはじつは難しくて、悩みのタネでもあります。PAのミックスというのは会場の持つ音響に左右されるので、ライブが良かったからと言ってその録音が楽しめるとは限らず、では客席の音をそのまま録音すればそのライブの真の姿が記録されるのかというとそうでもないと僕は思っていて、ようは演奏者・エンジニア・会場のコンディションがたまたま揃った時にライブ音源というのは可能になるんです。というわけでダブ音源だからこそ、エフェクタどうこうに拘らず、聴いていただけたら幸いです。

映像をどうつけるかがまた問題だったんですけど、山谷祐介さんの録ってくれた写真を北村が構成して、動画にしました。
youtube には2曲、bandcampにはその中から僕の曲「雨の坂の足許」のこの日のヴァージョンである「足許のdub」を上げています。

bandcamp はこちら
https://emersonkitamura.bandcamp.com/album/emerson-kitamura-live-dub-mixed-by-uchida-uthci-naoyuki

Emerson Kitamura Live – Dub mixed by Uchida “uthci” Naoyuki

Excerpts from the event ‘Compuma’s album “A View” release party’ at WWW Shibuya September 30, 2022
All performance and dub mix are live.

Emerson Kitamura: Keyboards and drumbox
Uchida Naoyuki: Dub mix and recording
Cover photo: Yamatani Yusuke
Thank you: Yamada Kaori & WWW staff

2023.01.04 Wed

川崎市民プラザでのトーク冊子がPDF公開されました。

昨夏(2022年7月)川崎市民プラザで行われた僕のトーク&ライブで、主催者さんと僕とで作って来場者の皆さんに配った冊子がありました。来場者特典として作ったものでしたが当日のライブはコロナ禍の只中にあって来れなかった方も多く、また、「ポップミュージックのルーツは世界中に!」というコーナーを中心とした内容も面白かったので、このたび川崎市民プラザさんのブログにてPDFで公開されることになりました。
冊子は単に情報の寄せ集めではなく(それだけなら僕よりもっと知識もあって上手に書ける方がたくさんいらっしゃいます)、楽器を弾いたり音楽をかけながら行ったトークと一体になって役立つことを目ざしています。この形はこれからもやっていきたいのですが、スタイルはまだまだ試行錯誤です。皆様のご意見ご感想をお待ちしています。

https://t.co/t95ink2b80


2022.05.18 Wed

エマーソン北村「船窓 / おろかな指」

2022年6月17日(金)エマソロの新曲2曲をデジタルでリリースしました!

昨年の秋、COVID-19から退院した後で、これから何がしたいかなと考えていました。音楽だけではないのですが、曲についても同時に思いついたことがあったので、レコーダにメモして、それをもとに形にした2曲です。自分のCOVID-19感染だけでなく、この半年から二年間に体験したいろいろなことが反映されていると思います。

「一人全演奏」というエマソロのルールから離れて、ドラムスに菅沼雄太、ヴォーカルにmmmに参加してもらいました。さらに「おろかな指」では、メロディのある曲ではほとんど人生初とも言える自分自身による歌詞を、mmm と共に自分でも歌いました。

イラストとアートワークは惣田紗希さんによるものです。惣田さんといろいろな話をして、このイラストを描いていただきました。

販売は、bandcampのエマーソン北村 (bubblingnotes) ページからのダウンロードと、ダウンロードカードの2形態で行います。
ダウンロードカードには音源の料金が含まれており、一枚ずつ固有のコードを入力して音源を入手していただけます。カードそのものとしても美しく良い紙を使用しており、持っていても人に送っても楽しめるものにしました。
カードは、日本郵便の郵便書簡にぴったり収まるサイズにしました(ただし郵便書簡の用紙はついてきません)。

サブスクは、2022年夏頃の配信を計画しています。

エマーソン北村「船窓 / おろかな指」
2022/06/17 リリース bubblingnotes KMFS011

bandcamp
https://emersonkitamura.bandcamp.com/album/–3
ダウンロードコードをお持ちの方はこちらからコードを入力して下さい。
https://emersonkitamura.bandcamp.com/yum

各ストリーミングプラットフォームへはこちらから
https://ultravybe.lnk.to/porthole_stupidfingers

ダウンロードカード:エマーソン北村 BASE
https://emkitamura.thebase.in/
価格:
2曲入りデジタルシングル¥900円、1トラック¥500円
ダウンロードカード¥1,200円+送料(すべて税込)
日本国内へは、日本郵便の郵便書簡でお届けします。

(credits)

船窓 music by エマーソン北村
おろかな指 words and music by エマーソン北村

mmm: vocal on おろかな指
菅沼雄太:drums and percussions
エマーソン北村:keyboards, drumbox, belsona tape recorder and vocal

recorded and mixed by エマーソン北村
船窓 basic recorded at GOK-SOUND by 近藤祥昭
おろかな指 vocal recorded by mmm
mastered for digital release by エマーソン北村

illustration and artwork: 惣田紗希

(c) & (p) bubblingnotes
エマーソン北村は戦争に反対し、日本国憲法を誇りに思います。

2022.02.10 Thu

Fairbrother “남편 Husband Version”

韓国のプロデューサーFairbrotherが2016年にリリースしたアルバム남편 (Husband) を5人のアーティストがリミックスしたレコードです。参加者はFairbrother本人の他に MOGWAA, KIM OKI, YOSHINORI HAYASHIそしてエマーソン北村。北村は베이비 (BABY) を本人の歌(良いです)とベースを残して全面的にリアレンジしました。アートワークを含め、編集者でもある彼のセンスが隅々まで発揮されたレコードです!自主制作盤につき、分けていただいた若干枚を販売します。
1990年代からの韓国レゲエシーンについてFairbrother(ここではYoungmond名義)が語った、非常に参考になるインタビューはこちら。
https://fnmnl.tv/2019/05/17/73488
作品の Bandcamp
https://unfairbrother.bandcamp.com/album/husband-version

2021.11.27 Sat

カクバリズム SUPER GOOD TAPE 2021 (AUTUMN)

カクバリズムからリリースされた、4アーティストによるカセットコンピレーション。すべて新録です!エマーソンはCOVIDからの復帰後に新たに作曲した「市場の人たち」を提供。ロックステディど真ん中!他の収録アーティストは Ogawa & Tokoro、Jin Ono、畳野彩加(Homecomings)。どのアーティストも音数少なめで良質なトラック。カセットで聴くのにふさわしい、バランスのとれたコンピレーションです!
http://kakubarhythm-deliverly.com/?pid=165465481